初心者がピアノで「ブラインドタッチ」で弾けるようになるにはどれくらい時間がかかるか?手元をガン見しなくても弾けるようになるための道筋とは?

はじめに

ピアノの演奏をする時に、鍵盤や指を見ながら演奏してしまいがちなことはありませんか?

ピアノの教室に行くと、手元ばかり見て弾いていると、なるべく楽譜を見ながら演奏するように注意されます。

でも指や鍵盤を見ないで弾くと言われても「そんなの難しくてできるわけない!」と思われる方も多いです。

しかし、実はちょっと意識しながら練習するだけで、ある程度「ブラインドタッチ」で弾くことができるようになります。

例えば、スマートフォンの操作も、いちいち見ないでもできると思います。

また、パソコンのタイピングもある程度見ないでできる方は多いのではないでしょうか。

そう考えてみると、普段の生活の中で指の感覚でやっている動作は、他にも沢山あります。

ですので、ピアノの鍵盤を弾くということも、指の感覚で十分にできるのです。

「ブラインドタッチ」のメリット

では、手元を凝視しないで「ブラインドタッチ」で弾けることで、どんなメリットがあるでしょうか?

簡単に言うと「楽譜を見たり、手元を見たりという余計な行動なしに弾ける」ことです。

もしブラインドタッチができないと、練習時に、頭を上下させて楽譜と手元を交互に見るか、どちらか一方を記憶してあっているのかを確かめなければいけません。

このようなことをしていると、余計なことに時間が取られて、上達が遅くなってしまいます。

「ブラインドタッチ」の訓練方法

では、どのように手元を見ないように練習するのでしょうか。

いくつかの方法を挙げていきます。

慣れた曲で練習

普段から弾いている得意な曲を1曲選んで、なるべく楽譜だけを見ながら弾いてみましょう。

手元を見ながら弾くことに慣れていると、これがなかなか難しく感じるかもしれません。

難しいと思われる部分は見てもいいですが、凝視してしまわないように我慢して弾きます。

慣れないうちは、音をはずすことも、結構多いかもしれません。

ですが、すぐに鍵盤を見ないで、手の感覚で弾く音を見つけてください。

鍵盤の幅を指の感触だけで捉える訓練になります。

最初はスタッカート気味で弾く

ちょっと難しいと感じたら、簡単な練習曲集を買います。

できればお子様向けなどの本当に簡単だと感じるような練習曲集が良いです。

手元を見ないで弾く時に、ひと工夫します。

最初は音と音の切れ目を短くして、スタッカート気味の跳ねた感じで練習曲を弾くのです。

それができるようになったら、ちょっとずつ跳ねないで滑らかに弾いていきます。

この練習を、普段からやっていくことによって、ブラインドタッチで弾く感覚が養われるでしょう。

新しい曲も手元を見ないで練習

新しく挑戦する曲に取り組む際も、なるべく楽譜を見ながら練習することを心がけましょう。

最初は手元を見ながらでもいいですが、少し弾けるようになってきたら、見続けないように練習します。

部分を区切って、片手ずつからで構いません。

最初は全く感覚がつかめないですが、こういった地道な取り組みを何度も繰り返ししていると、なんとなく見なくても鍵盤を指の感触だけで弾くことができるようになってきます。

「ブラインドタッチ」習得までの時間

上記に挙げたような練習でも難しい場合は、まずは、5指固定で弾けるような、簡単で短い曲から練習をはじめてみると良いでしょう。

「5指固定」というのは、5本の指それぞれが1曲を通して同じ音を担当する、ということです。

「5指固定」の曲とは、指を鍵盤上で固定して動かさずに弾ききることができる曲ということです。

このような楽譜を使って、出てくる音の鍵盤に指を間違いなく置き、その準備をきちんとしてから楽譜を見ながら弾いて行きます。

そして、最初は片手ずつやっていきます。

このような曲から練習して、楽譜に慣れていきましょう。

これであれば、初心者でも、1ヶ月間みっちりやればだいぶ慣れてくると思います。

できるようになったら、次は両手でゆっくり練習して1ヶ月。

「5指固定」に慣れたら、次は「指くぐり」や「指越え」の曲で片手ずつ。

短くて簡単な曲であれば、数ヶ月間取り組んでいくことで、上にあげたような数十曲の練習曲を「ブラインドタッチ」で弾くことに慣れてくると思います。

あくまで目安ですので個人差はあると思いますが、スマホやパソコンの操作と同様、数ヶ月間正しい訓練を継続することで慣れてくることは間違いありません。

最後に

今回は「ブラインドタッチ」で弾けるまでの時間について考えていきました。

「ブラインドタッチ」で弾くための練習本なんかも市販されているので、是非探して見てください。

しかし、「ブラインドタッチ」だけで弾ききることができる曲というのは、難易度が上がるほどなくなってきます。

ですので、「楽譜だけ見る」と、極端に限定して思い込まない方がよいです。

やはり音が飛ぶ部分など、どうしても手元を見て弾いた方が上手くいく場合もあります。そういう音は、視野を広くして、なるべく凝視しないで「チラッと」一瞬だけ視界に入れて弾く練習をしてみると良いと思います。

簡単な部分を「ブラインドタッチ」で弾けるようになってくると、練習も楽になり、演奏もカッコよく見えるので一石二鳥ですよ!