ピアノを弾くときの理想的な手の形や鍵盤を押す指の場所は?

 

はじめに

初めてピアノを弾くときに、もしかしたら「手の形」や「鍵盤を押す指の場所」などが気になる方もいらっしゃるかもしれません。

理想的なフォームを最初に身につけておけば、美しい音を響かせることができます。

そして腕や手の筋肉を痛めることなく、なめらかに演奏することが可能になります。

しかしこのようなことを一から教えてもらえる機会はなかなかなかったりしますね。

今回は意外と知らない人も多いこのような疑問について考えていきたいと思います。

理想的な手の形

ピアノを弾く際の手のフォームはどのように作れば良いのでしょうか。

まず手の形は、鍵盤に指を乗せたときに、卵を握っているような形を作ってみましょう。

卵はきつく握ると握力で割れてしまいますので、優しく包むように持つようなイメージです。

そして、その卵を持つ手のひらを支えている手首は、鍵盤よりは下がらないようにします。

最小限の力で支えます。

もし、必要以上に力が入ってしまいそうであれば、一度、腕をダランと下げて、手のフォームをリセットしましょう。肩の力を意識して抜いてみましょう。

そして手のひらを動かす感覚で再びゆっくりと腕を上げていき、指を鍵盤の上にそっと置きましょう。

指の付け根の山が高くなっているといい感じです。

そのとき、腕が大体90°に曲がっていればなお良いです。

角度があまりにも直角からかけ離れている場合は、椅子の高さで調整しましょう。

鍵盤を押す指の場所

鍵盤を押す指の場所は、「指の腹」と「爪の近く」の間のあたりが良いでしょう。

パソコンで文字をタイピングするときに使っている部分ですね。

爪の近くで弾いてしまうと「カツカツ」と爪と鍵盤が当たって音が出てしまいますので避けた方が良いでしょう。

また、指の腹のほうで演奏すると、繊細にコントロールできないために音の強弱が乱れてしまいます。

ですので、ちょうどいい間のポイントで弾くのが良いでしょう。

最後に

今回は、理想的な手の形や鍵盤を押す場所について語ってきましたが、そうは言っても私達の腕や手、指は、ひとりひとり違う特徴を持っていまよね。

ひとつとして同じ手はありません。(極端な例でいうと、子供と大人の手は大きさが違います。)

しかし、ピアノの鍵盤の幅は変わらないので、全てが「同じ形で」「同じ部分で」とはいかないのが現実です。

ですので、上記でお話ししたことはあくまで原則だと思って、なるべく理想に近づけるような感覚で色々と自分にあった形を研究していきましょうね。