ピアノの楽譜で、シャープ#とフラット♭の使い分けのルールってあるの?

はじめに

曲によっては、「シャープ#」「フラット♭」といった臨時記号(調号)が出てきますね。

「シャープ♯」の意味は「半音上げる」です。

「フラット♭」の意味は「半音下げる」です。

意外と整理されていないこの「使い分け」について、今回は考えていこうかなと思いました。

例えば「#レ」と「♭ミ」はピアノだと同じ鍵盤を弾きますよね。

この2つって、厳密にはどのように使い分けられているのでしょうか。

調でどちらになるかが決まる

『ド』から始まるハ長調では、「ミ・ファの間」「シ・ドの間」がちょうど『半音』ですよね。

“ちょうど”半音のところが白鍵つながりなっているので、#や♭なしに弾けます!

ですから、楽譜ではシャープやフラットをつけることなく「ドレミファソラシドレミ・・・」と白鍵の部分だけの音符で表すことができますね。

しかし、調を変えると別の所が半音になってしまったり、全音の部分でさえも黒鍵を使う事になるので、調整するために#や♭をつけざるを得ません。

その時にずらした音が半音上か、半音下かということで基本的に決まります。短調の時も基本は同じです。

こういった音は、あらかじめ『調号』として楽譜に表されていることがほとんどです。

機能がある音で決まる

マイナーコードやセブンスコードなど和音に使用される、「明確に機能を持った音」にはその機能に沿ったルールが適用されます。

原則をごく簡単に説明します。(例外はありますが)

例えば、

Cマイナーコード「ド・♭ミ・ソ」真ん中の音「♭ミ」は、マイナーコード上では真ん中の音を半音下げるというルールですので、「#レ」ではなく「♭ミ」です。

Cセブンスコード「ド・ミ・ソ・♭シ」最後の音「♭シ」は、セブンスコード上では最後の音を半音下げるというルールですので、「#ラ」ではなく「♭シ」です。

このように明確な機能を持った音は、ルール通りに#や♭が付きます。

経過音はなるべく違う音

上記で紹介した調整やコードのルール上で特に機能を持たない音やルールが曖昧な音につく「#」や「♭」はどうでしょう。

なるべく同じ音が続かないようにされていることが多いでしょう。

例えば、「ド・ド#・ミ」よりは「ド・レ♭・ミ」の方が、見やすいですよね。

徐々に上がる時は#、下がる時は♭

例えば、メロディが上がっていく時は「#」で書かれていて、メロディが下がっていく時は「♭」で書かれていることが多いです。と、言われているようですが、、、実際のところよくわかりません!

このルールは、他のルールも加味され考え抜かれた上で、「弾く人が見やすいだろう」と「作者の優しさ」的な側面で適用されたと思った方がいいのかなあと個人的には思います。ですので例外はたくさんあると思います。

最後に

上記のようないろんな要素が加味されて、楽譜上どちらで表現するのかが決定します。

「#」「♭」を外したいというときには、ナチュラル記号「♮」をつけますが、上記の原則に忠実に楽譜を書いている場合には、ダブルシャープやダブルフラットなんて記号も出てきます。

  • ダブルシャープ=#2回分=半音2個上げる=全音上げる
  • ダブルフラット=♭2回分=半音2個下げる=全音下げる

やることは「全音上げ下げ」ですが、意味的には全く違うんですね。

、、、

その他、ピアノ以外の楽器では、調整などに応じて#と♭で弾き方(ピッチ)を微妙に変えたりすることもあるそうですよ。

意外と割り切れない「半音」の奥深い話に入っていきそうなので、今回はこの辺りで!