大人が趣味でピアノを始めるきっかけは?ピアノの魅力に取り憑かれるタイミングとは!

はじめに

大人になってピアノを始めました!という人は、意外とたくさんいるのをご存知でしょうか。

しかし、他の人が一体どういう「きっかけ」でピアノを始めるのか、興味ありませんか。

今日は意外と知られていない、大人が趣味としてのピアノを始めるきっかけを考えていきましょう。

最も多いきっかけ3選

さて、それでは最も多いピアノを始めるきっかけを3つ挙げて、お話ししていきます。

ずっとピアノに憧れていた

今まで鍵盤に触れたこともないけれど、心のどこかで「ピアノを弾いてみたい」という思いを抱きつつも、何らかの原因で実行に移せずにずっと過ごしてきた方は、かなり多いようです。

「学生の頃、クラス合唱で伴奏を弾く女の子に憧れていた」とか「昔聴いていたピアノの名曲が忘れられなくて」という感じで、潜在意識に「ピアノを弾きたい欲求」が宿っているんです。

その潜在欲求が何かのきっかけで閾値に達し、表面化し、「一度は挑戦してみようかしら!」という思いが急に芽生えるようですよ!

子供の頃、弾いたことがあって、、、

子供の頃少しピアノを習っていた方が、大人になってまた演奏したくなることが多いです。

小学校、中学校、高校と進学するタイミングで忙しくなり、泣く泣くピアノをやめたというケースが多いですね。また、先生が厳しすぎてピアノをやめてしまったケースも少なくないようです。

社会人になってふとしたタイミングで、「またピアノを触ってみたいな」という思いが芽生えるようですね。不思議ですね。一度弾いた経験があると、指が鍵盤の感触を記憶しているのでしょうか。はたまた、急に弾きたくなって指が疼く感覚でしょうか。

一曲奏でてみたい曲ができた!

最近は、ユーチューブで「ピアノで弾いてみた動画」がたくさん上がっていますね。こういった動画を見て「いいなぁ」と思って弾きたくなるケースが多いみたいです。

また、テレビでもミュージックプロデユーサーが音楽について紹介する番組など、幅広いジャンルでピアノの演奏を紹介される機会が増えた影響もあるでしょう。

ポップスはもちろん、ジャズや、フォークソング、ボカロ曲やゲームのテーマなんかも人気ですね。

「あの曲が弾けたらいいなあ」と、楽器の候補としてピアノを思い浮かべます。憧れの曲ができて始めてみたいと思う人は多いです。

最後に

きっかけは様々ですが、ピアノを弾きたいという衝動は、ある日突然現れることが多いようですね。

そんなきっかけで始めた方が、大人から習い始めて、コツコツずっと続けた結果、「駅ピアノ」で人前で弾けるくらいまで上達したという方もいるくらいですから、こういった衝動は侮れませんね。

人気の楽器「ピアノ」。昔から変わらずその魅力は健在です。何を隠そう、私もその魅力に取り憑かれた一人です。もしかして、あなたもその魅力に取り憑かれた一員ですか?